【公式】BECI International Language Academy | スパルタ-ESL
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
23
page-template-default,page,page-id-23,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

スパルタ ESL

コース初日から終了日まで英語力向上を狙い学習するプログラムとして通常のESLプログラムよりタイトなスケジュールです。このコースは徹底的に集中して英語を学習されたい方にオススメのコースです。また、平日の外出が禁止されており、全ての時間を英語学習に費やすことが出来ます。このコースではSPプログラムを通して生徒の間違った表現を完璧に直す機会を持つことができ、スピーキングは勿論、REHABプログラムを受けることで発音まで集中的に勉強できます。

マンツーマンクラス(5時間)

スピーキング
リーディング
ライティング
リスニング
文法

API-BECIのスパルタコースでは、フィリピン人講師とのマンツーマン授業が1日に5コマ(時間)あります。スパルタコースはセミスパルタコースであるスピード-ESLと違い、学校側が用意したカリキュラムに従って授業が進行していきます。内容はスピーキング、ライティング、リーディング、リスニング、文法と英語習得に必要な各スキルをバランスよく学習できるようにAPI-BECIのヘッドティーチャーが管理しています。
※基本的に授業内容の変更は出来ません。

また、授業中に使うテキストもスピード-ESLの学生とは異なり、スパルタ学生専用のテキストになります。1コマは50分の授業なので、マンツーマン授業だけでも1日に4時間以上(250分)と非常にタイトな授業構成となっています。ただし、1日に4時間以上のマンツーマン授業はそれだけ英語に触れる時間が増えることを意味します。ライティングやリーディングなどのスピーキング以外の授業でも、講師と一対一で授業が進行されるため自然とスピーキングの時間が増えます。これによって、スパルタコースを受講する学生のスピーキングを初めとした各英語スキルは短期間で飛躍的に向上します。

グループクラス(3時間)

スピーキング1
スピーキング2
リスニング

スパルタコースのグループクラスもスピード-ESL(セミスパルタ)と同じく4〜6名の少人数で構成され、スパルタコース専属の講師によるオリジナルテキストを使い進行されます。スパルタコースのグループクラスは3コマ(3時間)で内容はスピーキングのクラスが2コマとリスニングのクラスが1コマになります。
スパルタコースは1日に11コマの非常にタイトなスケジュールで構成されますが、グループクラスでは同じくスパルタの学生だけで構成されるため、厳しい環境の中でも共に頑張る仲間と共に学習できるため、お互いに助け合ったり、切磋琢磨しながら良い影響を与え合うことが出来ます。

ナイトクラス(3時間)

発音(Pronunciation)
単語(Vocabulary)
文法(Grammar)

スパルタコースのナイトクラスでは、主に語彙(単語・イディオム)を習得したり、発音を改善したり、正しい文法を覚える授業を中心に構成されています。その他にも、レクレーションを取り入れたり、演劇を織り交ぜたりと、夜間多くの学生が疲れている為、講師は授業内容を工夫し楽しみながら英語を学習できることを意識しています。

  • 1:1(マンツーマン)クラス、グループクラス、ナイトクラスは必須授業となります。
  • 1:1(マンツーマン)クラス授業の内容は選択科目、レベルによって変更可能です。
  • スケジュールは学生によりことなります。

SP(スピーキング集中矯正)プログラム

リスニング、リーディングのレベルは客観的に評価が出来ましたが、スピーキングレベルの評価は難しいのが現状でした。ほとんどの語学学校が行うレベルテストはフィリピン人講師の主観的な見解でレベルを評価してきました。API-BECIではスピーキング授業も客観的に評価して矯正が出来るSP(スピーキング集中矯正プログラム)があります。SP(スピーキング)テストでは英語の細かい表現まで分析して採点+評価+矯正まで行い、その結果で授業を進行するプログラムです。API-BECI滞在中、学生一人一人がどの様に学習しているか、どのくらい実力が伸びているかなどを評価し、コンサルティングを通して授業の内容を決めています。
※SP(スピーキング)プログラムはスパルタコースを受講する学生を対象としており、週一回のSP(スピーキング)テストと一日一時間のSP(スピーキング)授業で進行されます。

概要 生徒のスピーキングにおける弱点を見つけ改善すること(例えば、語彙、文法、発音などのポイントを把握してその分野に集中できるようにすること)
テスト方法 インタビュー形式のテストで学生のレベルをチェックし、レベルによって質疑応答や写真描写、テーマ説明など様々なテストをし、すべての過程を動画で撮影します。
評価方法 撮影された動画をSP専門講師により、学生が話した一語一句を書き出し、文法、発音などのミスをチェックして客観的な採点基準(発音、アクセント、イントネーション、語彙、表現)の正確性によって9段階のレベルで判定します。

SP(スピーキング)テストの進む過程

  1. 入学レベルテスト(評価)
  2. SP(スピーキング)レベルテスト(週一回)
  3. スピーキングテスト(ビデオ撮影)
  4. 字幕レコーディング(現在のレベル把握)
  5. SP(スピーキング)講師の評価1(評価シートの作成)
  6. SP(スピーキング)講師の評価2(録画シートの作成)
  7. SP(スピーキング)テスト結果のフィードバック、コンサルティング
  8. SP(スピーキング)授業

REHAB(発音矯正)プログラム

API-BECIのREHAB(発音矯正)プログラムは1週間の短期プログラムです。REHABプログラムを受講する生徒は通常の授業が1週間だけ特別プログラムへ変更になります。月曜日から金曜日までネイティブを中心として講師陣により、発音に特化した授業のみを行います。

タイムスケジュール

 

時間 クラス
7:00 起床
7:00〜8:00 朝食
8:00〜8:50 スピーキングクラス
9:00〜9:50 リスニングクラス
10:00〜10:50 リーディングクラス
11:50〜13:00 昼食
13:00〜13:50 ライティングクラス
14:00〜14:50 グラマークラス
15:00〜15:50 グループクラス(スピーキング)
16:00〜16:50 グループクラス(リスニング)
17:00〜17:50 グループクラス(スピーキング)
18:00〜18:50 夕食
19:00〜19:50 ナイトクラス(発音)
20:00〜20:50 ナイトクラス(文法)
21:00〜21:50 ナイトクラス(イディオム)
22:00 就寝