【公式】BECI International Language Academy | フィリピン/バギオ-BECI留学のレビュー[岡本 麻邑 / MAYU]
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
3975
post-template-default,single,single-post,postid-3975,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

フィリピン/バギオ-BECI留学のレビュー[岡本 麻邑 / MAYU]

フィリピン/バギオ-BECI留学のレビュー[岡本 麻邑 / MAYU]

Q:なぜ海外で英語留学をしようと思いましたか?

英語でのスピーキング力を上げたいと思ったからです。私は現在、英米文学、英語学を専攻する大学生なのですが、様々な文献を読む機会は十分にありますが、英語を”話す”機会はほとんどありません。このままでは帰国子女の人達には到底追いつけないと感じ、自分から英語を話す機会つくらなければと思いました。また、将来的には外資系企業か、海外出張などの機会がある会社に就職したいと考えているので、英語力は必須です。テストで良い点を取れることではなく、実践的に使える英語を身につけるために留学を決めました。

Q:数ある語学学校の中からなぜBECIを選びましたか?

英語でのスピーキング力を上げたいと思ったからです。私は現在、英米文学、英語学を専攻する大学生なのですが、様々な文献を読む機会は十分にありますが、英語を”話す”機会はほとんどありません。このままでは帰国子女の人達には到底追いつけないと感じ、自分から英語を話す機会つくらなければと思いました。また、将来的には外資系企業か、海外出張などの機会がある会社に就職したいと考えているので、英語力は必須です。テストで良い点を取れることではなく、実践的に使える英語を身につけるために留学を決めました。

Q:あなたが思うBECIの強みはどこだと思いますか?

まず気候が勉強に最適です。暑すぎず、寒すぎず、マニラやセブのように気候によるストレスが全くありませんでした。市街地からは少し距離があるものの、ちょっとした買い物ができるコンビニの様なものは徒歩圏内にありますし、施設に関してはかなり清掃が行き届いています。スタッフの人はとても親切でいつも笑顔ですし、かなり丁寧に部屋の掃除をしてくれました。食事に関してはやはり韓国料理中心ではありましたが、特別辛いというわけではありませんし、お味噌汁やスパゲッティなど各国の料理も出ます。バレーコートやバドミントンコート、さらに学生寮にはトレーニングルームもあり、空いた時間に運動不足を解消できるのはありがたかったです。そしてメインの授業内容ですが、生徒のレベル、ニーズ別で各々に適性な先生、テキストを割り当ててくれます。もしレベルが合わないなどの問題があれば、先生、テキストの変更も可能ですし、私の場合、専攻の話をすると、Readingの先生がシェイクスピアの要約で授業がしてくれました。笑

Q:BECIに留学して、どのようなスキルが一番成長したと感じますか?

ライティングスキルです。入学後すぐに受けたテストではスピーキングに次いで点数が低かったのがライティングの点数でした。文法ができるのに時間制限があると簡単な単語のスペルを間違ったり、ボキャブラリーが少なくて稚拙なな文章になってしまうという問題があるということライティングの先生と話し合い、それを克服するため、毎回の授業で20分の時間制限をつけて簡単なショートエッセイを書く練習を重ねました。トピックが馴染みのないものだとかなり苦労しましたが、こういった練習は有効でした。入学後3週間目に受けたテストではビギナーの問いではありましたが、時間制限ありでもプレッシャーを感じずにスラスラ文章を書け、ビギナーでトップの成績えお取ることができました!きつくてもやりつづけたかいがありました。

Q:これから留学する学生に一言アドバイスをお願いします。

BECIでは英語学習に必要な環境は全て用意されています!それを活かせるかどうかは自分次第です。常に、「なぜ自分はここにいるのか」という問いw自分に言い聞かせ、遊びにうつつを抜かし、貴重な時間とお金を無駄にしないように気をつけください。しかし心配しすぎることはありません。誘惑に負けそうになれば、寛大かつ時には厳しいHappy Teacher、YANAがあなたの目的を思い出させてくれます。とにかくフィリピン人は陽気で楽しくて、親切です。少しでも不安なこと、問題があればすぐに相談することが何より大事です。あとは国籍に関係なく、たくさんの友達をつくって下さい。授業以外でも英語を話す機会をつくれば、お互いに知っていること、知らないことを共有でき、知識が何倍にも広がります。FacebookなどのSNSアカウントお持っていると留学後でも連絡を取り合える、インターナショナルな交友関係を築けますよ!あと、これは私の個人的な意見なのですが、留学期間が短ければ短いほどSPARTAコースをお勧めします。(笑)朝から夜まで授業びっしりで、もちろん大変ですが、1日に出会う単語イディオムの数の差は圧倒的です。それらをかき集めてリストをつくっていたら1週間で200単語は余裕で超えました。ホームシックえお経験しながらも有意義な6週間でした!みなさんも自分の目標に向けて頑張って下さい!

 

 


Fatal error: Allowed memory size of 209715200 bytes exhausted (tried to allocate 9437427 bytes) in /home/beci/beci-academy.com/public_html/wp/wp-includes/wp-db.php on line 1996