【公式】BECI International Language Academy | フィリピン/バギオ-BECI留学体験記(TAKA / 若林 孝道)Vol.12
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
2115
post-template-default,single,single-post,postid-2115,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

フィリピン/バギオ-BECI留学体験記(TAKA / 若林 孝道)Vol.12

フィリピン/バギオ-BECI留学体験記(TAKA / 若林 孝道)Vol.12

どうも。これで最後のBECIレポートになります。3か月という長くもあり、短かったバギオでの生活。BECIにきて、本当によかったと思います。正直最初は不安なことだらけでしたが、今ではフィリピンのBECIに留学に来て良かったと思っています。施設面でいうと、すべての施設が一か所に集中していること、絶景を見ながら自習できるラウンジ、さらにラウンジにはカフェや売店などがあり夜遅くまでやってるので、小腹がすいたときに非常に便利です。

勉強面では、IETSは確かに先生たちの質はいいと思いました。IELTSの点数を持っている方もいるので、そこは間違いないと思います。ただ、自分からどういった部分を伸ばしたいかなど、積極的にリクエストした方がいいと思います。先生たちはテキストに沿って授業を行うので目標がはっきりしてない部分があるかもしれません。コース選択の際、自分がどのレベルをわかってて、どのレベルまで伸ばしたいというのがないと、ちょっと漠然と勉強することになるかもしれません。クラスは先生以外自分が取りたい授業をとれるので自分に合った授業を取ればいいと思います。

僕は、目標はあったのですが、基礎があいまいななままIELTSを取ったので、結構苦戦しました。特にライティングは日本語でも苦手なので…。でも、BECIで勉強して基礎からやったのでだいぶ伸びたと思います。一方で、Speakingはあまり伸びなかったような気がします。なぜかというと、授業外での英語の会話が十分ではなかったということです。アジア人同士だと何となくでも通じるので、文法の間違いがあっても気にならないからです。ILETSは長期戦で考えた方がいいと思います。

学校生活で言うと、本当にたくさんの思い出と友達ができました。毎日顔を合わせ、授業や自習を一緒にしていくと自然に仲良くなり、週末には一緒に出かけ、真剣な会話を交わして本当に楽しかったです。また、それぞれの国で会えることを期待しています。

学校の先生やスタッフの皆さん本当にお世話になりました。そして、バギオの人々にも感謝しています。また、いつか大好きなバギオに戻ってきたいです。
I will treasure every memories i have spend time in BECI!


Fatal error: Allowed memory size of 209715200 bytes exhausted (tried to allocate 9437571 bytes) in /home/beci/beci-academy.com/public_html/wp/wp-includes/wp-db.php on line 1996