【公式】BECI International Language Academy | フィリピン/バギオ-BECI留学体験記(KOU / 相良 康平)VOL.06
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
1524
post-template-default,single,single-post,postid-1524,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

フィリピン/バギオ-BECI留学体験記(KOU / 相良 康平)VOL.06

フィリピン/バギオ-BECI留学体験記(KOU / 相良 康平)VOL.06

⑰ 今週で第6週目が終わり、残りは2週間のみとなりました。今週は先月末に受けたマンスリーテストのリスニングの表彰を頂きました。先日結果を受け取った時は、リスニングの結果よりもリーディングの結果の方が良かったので少し驚きましたが、特にスピーキングとリスニングを重視しているので嬉しかったです。次回のテストは受けられませんが残りの2週間で出来る限り自分の英語を伸ばしたいです。また毎週金曜日にスピーキングのテストがありますが、今までで一番成長を感じることが出来ました。ここを離れるまでに結果を受け取れるか分かりませんが少し自信になりました。またクラスメイトと話している時もよく言い間違えたり、発音が崩れまくったりしますが、以前よりも積極的に話そうとする姿勢が身についたと思います。2か月で英語をかなり成長させることは難しいかも知れませんが、少なくとも積極的に話そうとする姿勢を身に着けることができれば成功かなと感じました。

⑱

授業中にも最初は先生の話を聞くだけという感じでしたが、今は少しづつどのように授業してほしいなど、自分の要求を織り交ぜることができるようになったと思います。ライティングやリーディングの授業もありますが今は先生に頼んで、その部分も強化しながらも自分が多く喋れるように授業を展開していただくようにしています。なので、リーディングでもライティングでもほぼすべての文章を自分で読んで、出来るだけアクセントや発音にも注意を払ってもらっています。そうすると授業の進度は落ちるかもしれませんが、教科書はニュージーランドに持っていって自分で学習することも出来るのでいいかなと思っています。来た当初は授業が11コマもあって復習する時間もないし絶対に無理だ!と思いましたが今は10コマの授業で聞く時間・話す時間を長く持つように努めています。ボキャブラリーを増やすための自習などは、卒業後でも出来るので、取り合えず英語に慣れるようにしています。スピーキングの授業は特に授業といっても、会話を楽しむだけといった感じなので疲れすぎることはありません。また土曜日には中国人・台湾人の友人たちと中華料理を作りました。あまり料理は出来ないので皮むきくらいしか手伝うことはできませんでしたが、久しぶりに本場に近い中華料理を食べることが出来て、とても懐かしく感じました。また食材や調味料はSMで買ったと聞きましたが、日本でもよく見るような輸入商品もあったので、SMでは何でも買うことができるんだなと改めて感心しました。昼食は手羽煮込みや鶏肉のピーナッツ炒めなどを作り、夜は魚の煮つけなどをつくりました。どれもとても美味しかったです。

BECIでの生活も残り2週間のみとなり、正直言って焦ってますが自分のペースで楽しみながらやっていきたいと思います。


Fatal error: Allowed memory size of 209715200 bytes exhausted (tried to allocate 9437571 bytes) in /home/beci/beci-academy.com/public_html/wp/wp-includes/wp-db.php on line 1996