【公式】BECI International Language Academy | 台風被害について
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
1044518
post-template-default,single,single-post,postid-1044518,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

台風被害について

先週末フィリピンに上陸し、多くの被害を出したMangkhut(台風22号)により、当校で勉強していらっしゃる学生の皆様やそのご家族の方々に大変ご心配をおかけしました。

バギオもルソン島北部、ベンゲット州に位置しており今回の台風で被害を受けました。当校は以下の情報を学生の皆様に共有いたしました。

 

お知らせ

天候について

日付:9月13日

大型台風(Mangkhut)が近づいているため、バギオでも大雨・雷雨・暴風が予想されます。

全ての学生は週末の旅行などの計画をキャンセルし、安全のため屋内で過ごしてください。また、携帯などの電子機器はできる限り充電するなどあらかじめ準備をお願いいたします。

キャンパス内でも、安全・健康のため常に傘を持ち歩くなどしてください。

緊急の場合、速やかに学校・現地当局の指示・手順に従い避難してください。

また、最新の情報が届き次第お知らせいたします。十分にお気をつけください。

 

 

 

また、事故防止のためキャンパス内の施設の点検を実施、安全も確保できております。当校は大きな被害を免れることができ、今回の台風のために学校閉鎖などの必要はなく、授業は通常通り行いました。

しかし、フィリピンの電力会社は、台風が通り過ぎ、天候が安定するまで安全上の理由で電力供給を再開できなかったため、停電が発生しました。当校が所有していた発電機を使い電力を供給しておりましたが、十分には確保できず大変ご迷惑をおかけしました。

 

台風Mangkhutは通過し、ベンゲット州一部地域に大きな被害をもたらしましたが、当校では大きな損害・怪我人もなく全学生・スタッフの安全が確保できております。

バギオ地域を台風が通り過ぎ、被害の状況が明らかになり、上記の情報を学生に通知致しました。

当校の全従業員は、さらなる事故が起こらないように安全管理のために最善を尽くすことを約束いたします。


Fatal error: Allowed memory size of 209715200 bytes exhausted (tried to allocate 9437355 bytes) in /home/beci/beci-academy.com/public_html/wp/wp-includes/wp-db.php on line 1996