【公式】BECI International Language Academy | REVIEW
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
11
archive,category,category-review,category-11,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

Q:なぜ海外で英語留学をしようと思いましたか? 以前カナダにワーキングホリデーをしていたのですが、英語をだいぶ忘れてしまったので、また英語力をつけるために留学したいと思いました。また、この後にイギリスにワーキングホリデーに行く予定なので、その前に英語のスキルをあげておきたいと思い、フィリピンに留学することを決めました。フィリピンを選んだ理由としては、ほかの国に行くよりも費用が安く、日本からの距離が比較的近く、勉強に集中できる環境だと思ったからです。 Q:数ある語学学校の中からなぜBECIを選びましたか? エージェントの方に勧めてもらったのですが、新しくできたばかりで施設が綺麗でとても清潔感のある学校だと聞き、Beci the caféを選びました。多くの生徒さんが気にすると思うのですが、施設の綺麗さは自分にとって大事な条件でした。またレディースキャンパスということで女性しかいないので、色々と気にしなくていいことが多くて快適に過ごすことができ、さらに規模も小さいので他の学校よりもアットホームな環境で勉強できると思いました。留学先としてセブも考えていたのですが、気温が高く、虫が多いという話を聞き、遊ぶ場所も多く勉強に集中できないかもしれないと思いバギオを選びました。 Q:実際に選んだコースはどのような教科または授業内容でしたか? 私が選んだコースはセミスパルタでした。授業内容はリスニング、ライティング、スピーキング、グラマーとバランスよく授業に含まれていて、授業の内容も自分がやりたいことをリクエストしたら先生が授業に取り入れてくれるので、毎回充実していました。また、1日にグループレッスンが2時間、マンツーマンレッスンが4時間あり、この時間割は私にとってちょうど良かったです。この他にも私はナイトクラスを3時間とっていたので、実質スパルタに近い感じでした。 Q:一日に何時間勉強していましたか? 英語で最も改善された部分はありますか? 授業はナイトクラスを含めて計9時間、授業以外では授業の間に予習をしていました。私の場合、午前に3時間授業があり、そのあと休憩時間が1時間、午後に3時間授業があったので午前の授業の分を1時間の休憩で予習して午後の授業が終わったらまた予習をして、ナイトクラスに行っていました。平日は結構勉強漬けでした。改善された部分は、自分のボキャブラリーの数が増えたことだと思います。今まで単語が分からなくて遠回しに言っていたことを、単語を覚えて使えるようになったことで、ダイレクトに簡単に伝わるようになり会話もよりスムーズになりました。スピーキングも受け答えが前よりもだいぶ早くなったと思います。 Q:他国の人たち達とどのような交流をしましたか? ルームメイトが台湾人と韓国人だったので部屋でもずっと英語で会話をしていました。お互いに間違った英語を使ったら、辞書を見せ合ってこうやって使うんだよと教え合ったりもしました。発音の違いでお互い知っている表現だけど発音が違うから通じなくて苦労したこともありましたが、みんなフレンドリーでとても仲良くなることができました。歳も近かったので週末一緒に出かけたり、ご飯を食べたりしました。価値観の合うルームメイトに出会うことができて良かったです。 Q:BECIのサービスや施設の設備などに満足していましたか? BECIのサービスとして、洗濯が週に3回あったのがすごく助かりました。部屋の掃除もいつでも頼むことができて、汚れていたり、故障しているのを見つけても、スタッフの方に言ったら直してくれるので不便なことはありませんでした。何か困ったことがあればスタッフの方たちがすぐに助けてくれるので、毎日快適に過ごすことができました。食事もここに来るまでは少し心配だったのですが、BECIの食事はとてもおいしかったです。 Q:BECIでの生活や勉強は何が期待できますか? 先生たちは常にどうしたら生徒が英語を伸ばすことができるのか考えてくれていて、こういう授業を受けたいという要望を言えばそれにきちんと応えてくれるので、BECIでは自分に合った勉強ができると思います。また先生もスタッフもみんなフレンドリーで、生徒とだけでなく先生やスタッフともすぐ仲良くなるので、毎日楽しく過ごすことができます。特にBeci the caféはクッキングクラスや映画鑑賞などのイベントが毎週あってほとんどの生徒が参加しているのですぐに友達ができますし、勉強だけでなくこういったイベントに参加することで留学生活をより楽しむことができます。 Q:これから留学する方にアドバイスを一言お願いします。 フィリピンに留学をすると、特にバギオは田舎なのですごく勉強に集中できます。アメリカやカナダなどで学ぶ環境とは全く違って、英語以外にも自然に触れたり、フィリピンの文化に触れることもできます。価格も安く行けるのでお勧めです。Beci the caféはすごくアットホームな学校で、施設も綺麗で、スタッフの方もいつもフレンドリーで困ったことがあったら絶対に助けてくれるので、フィリピン留学を考えている女性の方にはとてもおすすめの学校です。 ...

Q:なぜ海外で英語留学をしようと思いましたか? 現在大学を休学しフィリピン留学を決めました。大学はスポーツ推薦で入学し、外国人も多数在籍されている大学であるため、授業や外国人との交流も多く英語に触れる機会はたくさんありました。ただ大学生活の中でほとんどの外国人が日本語を話せるため、毎日英語を使用する時間はほとんどつかめず、そのまま悔やみ続き、もし違う文化や価値観を身に付けることが出来れば、自分の成長にも繋がり、更に大学の友人とより交流を深めることができ、今後の人生が充実するだろうと考え、人生経験や自分探しとしても英語を学んでもっと海外で活躍してみたいと思いが高まり、フィリピン留学を決めました。 Q:数ある語学学校の中からなぜBECIを選びましたか? もちろん英語といえば、カナダやオーストラリア留学が有名ですが、私にとっては格安で学べるフィリピン留学がもっと魅力的でした。BECIを選んだきっかけはバギオという町で気候が涼しく常に勉強に集中できる環境、特にBECIでは自分にあった先生やクラスを選択できることやスピーキング強化が一番の決めてでしたが、日本人生徒も少なくさまざまな他国の方と触れ合えることも一番のポイントでした。 Q:実際に選んだコースはどのような教科または授業内容でしたか? 私が選んだコースはセミスパルタでした。マンツーマンクラス、グループクラス、ナイトクラスが適度に受けれるコースです。その中でも私は主にスピーキングを集中的に学びたかった為、スピーキングが得意な講師と授業を受けることができ、スピーキング力が向上しました。スピーキング講師担当でない場合でも文法やリスニング方法についても助けていただき、時には厳しく真剣に授業をしてくれたり、毎日授業に行くのがとても楽しみでした。特に印象が残っているのはテスト前日、授業時間外にも関わらず解答方法など、アドバイスをくれたり、翌日が休日の日は外で運動をし、気分転換もできとても環境の良い場所で学習することができました。 Q:他国の人たち達とどのような交流をしましたか? BECIに留学を始めた当初はまったくスピーキングに力に自信が持てない時期がありました。BECIでの生活を友人と過ごしていくうちに他国の友人や講師とお互いの文化の違いや意見を交換しあったり、週末は勉強以外にも友達とより交流を深めるために、外出しアクティビティに参加をするなど社会的に学ぶこともできました。特に本と環境が違うフィリピンでの暮らしや文化、フィリピンでの家族や子供に対する教育方法など日本では学べないことを英語以外に学びとても勉強に動機づけられ、このような共同生活や初めて触れる事が私を成長させてくれました。 Q:BECIのサービスや施設の設備などに満足していましたか? 特にBECIのフィリピンスタッフの対応や各国のマネージャーがとても気持ちの良い学習環境を作ってくれていたと思います。以前バギオで大雨が続き停電になりたくさんの生徒が混乱している中、管理スタッフの方々は落ち着いて生徒に状況やどのように行動すればよいか適切に説明をしてくれました。その後台風の影響が酷い中、清掃スタッフの方も生徒が良い環境で暮らせるようすぐに対策されていました。一番驚いたことは普段からあまり会話をしないスタッフの方々が自分の名前を覚えていてくれていることがとても嬉しく思い、毎日気軽に挨拶をしていただきとても気持ちの良い気分で過ごすことができました。 Q:BECIでの生活や勉強は何が期待できますか? とても良い生活環境で勉強することができました。特にBECIでは講師のレベルテストも行われ、クオリティがとても高く生徒を優先に考えてくれます。その他BECIはバギオ中心部から少し離れた場所に位置し、学校の周りには誘惑が少なく勉強に集中できるところがメリットです。その分シェアメイトも勉強する意識が常に高まっているので、動機につながり、精神的に強くなりました。もちろん週末は他国のお友達とアクティビティを楽しむこともできます。BECIでは勉強とプライベートを切り替えることができる環境があることが期待できます。 Q:これから留学する方にアドバイスを一言お願いします。 もちろん文法を学習することも大事ですが、私は会話力があればシェアが広がり、たくさんの人との繋がりがどれだけ大事なことなのか学ぶことができました。その他、月曜日から金曜日まではしっかり勉強に励み、週末は気分転換としてゆっくり自分の好きな時間を作ること、先生と他国の友人と交流をできるだけ取るようにしていました。講師にはリクエストできるのでその分自分から伝えることを意識し積極的になります。先生や友達との会話でききとれない単語など、質問したり教えあうことは一番おすすめな勉強法だと思います。   ...

Q:なぜ海外で英語留学をしようと思いましたか? 理由は大きく2つあって、1つは小さいころから海外留学するのが夢だったのと、将来海外で働きたいというのもあって、英語を勉強しようと思いました。留学を決めたのは、英語を勉強するにあたって、日本で普通に勉強するより、英語を当たり前に使わないといけない環境、日常的に使える環境に身を置いたほうが英語を身に着けやすいと思ったからです。留学先をフィリピンにしたのは、もともと英語がとても苦手で、カナダとかアメリカ人の速い英語についていける自信がなくて、 フィリピンに決めました。あとは、費用が安いのと、他の国にはない1on1のクラスがあることも決め手になりました。 Q:数ある語学学校の中からなぜBECIを選びましたか? まず、なんでバギオを選んだのかというと、虫と暑いの苦手だからです。バギオはフィリピンの他の街より涼しいので、過ごしやすくいだろうと思い、バギオに決めました。BECIを選んだのは、他の学校と比較して、厳しすぎず、緩すぎず、自分にあったペースで勉強できると思ったからです。あと、学校施設が1番新しいと聞いてBECIに決めました。 Q:あなたが思うBECIの強みはどこだと思いますか? 授業を自分でカスタマイズできるが良かったなと思います。ライティング、リスニング、リーディング、スピーキングの4つを満遍なくやるのではなく、スピーキング4コマに変えたり、クラスを減らしたり増やしたり、生徒の要望に柔軟に対応してくれるなと感じました。校舎や寮も新しくきれいで、広いのであまりストレスを感じることはありませんでした。 Q:BECIに留学して、どのようなスキルが一番成長したと感じますか? 英語のスキルでいうと、リスニングです。最初は人が言っている20%くらいしか理解できませんでしたが、今は95%くらいまで理解できるようになりました。ほとんど意識していなくてもするする頭に入ってくるので、驚いています。英語以外では、忍耐力がつきました。あと、異文化理解。小さいことでいうと食事のマナーも国によって違いがあって、日本人からするとマナー違反でも、他の国の文化だと思ったら我慢できるようになりました。これも留学しないとわからないことだったので、一つの大きな学びだなと思っています。 Q:これから留学する学生に一言アドバイスをお願いします。 留学前に最低限の文法と単語を勉強してきたほうがいいです。そのほうがもっと意味のある留学になると思います。海外に留学するのはお金も時間も必要で簡単なことじゃないので、日本でもできる基礎的な文法、単語は日本で勉強してきて、自由時間をもっとここでしかできないこと、例えば違う国の子と話すとか現地の友達を作るとかに使ったほうがいろいろなスキルが身につくと思います。私はここに来たとき、本当に英語ができなくて、基礎的なことだけでも日本でやっていれば、もっと色んな人と話せたのかなというのが唯一の心残りなので、同じ失敗はしてほしくないです。でも4か月毎日楽しくて、本当に留学にきてよかったなと思っています。 ...

Q:なぜ海外で英語留学をしようと思いましたか? 新しい場所、違う環境で勉強したいと思ったのがきっかけです。雑誌とかでフィリピン留学を見かけるようになって、アメリカに留学する前にフィリピンに短期留学するのもいいなと思いました。アメリカの大学に交換留学生として行きたいと思ったので、TOEFLの勉強もしたいと思いました。 Q:数ある語学学校の中からなぜBECIを選びましたか? 新しい場所、違う環境で勉強したいと思ったのがきっかけです。雑誌とかでフィリピン留学を見かけるようになって、アメリカに留学する前にフィリピンに短期留学するのもいいなと思いました。アメリカの大学に交換留学生として行きたいと思ったので、TOEFLの勉強もしたいと思いました。 Q:あなたが思うBECIの強みはどこだと思いますか? ラウンジからの景色が一番だと思います。ラウンジからバギオの町並みが一望できるので、すごく開放感を感じました。部屋でも同じ景色で朝日が綺麗に見えて気持ちよかったです。 Q:BECIに留学して、どのようなスキルが一番成長したと感じますか? 全体的に伸びたと思います。その中でも嬉しかったのがリーディングです。最初のエントリーテストではリーディングがものすごく苦だと感じて嫌だったのですが。四週間、自主勉強で色々な文章を読むようにしたことと、毎日のリーティングのクラスのおかげで英語にも慣れて苦に思わなくなりました。 Q:これから留学する学生に一言アドバイスをお願いします。 前もって日本語でTOEFLの仕組みをわかっておいた方がいいと感じました。クラスでもTOEFLの仕組みの話をしてくれたりするのですが、日本語で理解して問題をクラスで解くという方が効率は良いと思います。TOEFLをすでに勉強してきた学生に向けて話しているようなところもあるので、ある程度は仕組みを理解してないと難しいこともあると思います。ITPとかJuniorとか色々種類もあるので日本にいる時に多少調べていた方が良いです。あとは、授業で理解はできるけど、文法の参考書は日本語のものをもってきた方が理解が早くなるので、文法書くらいはもってきた方が良いと思いました。 ...

Q:なぜ海外で英語留学をしようと思いましたか? 海外に身を置きたかったからです。留学をして、英語を必要とする仕事に就きたかったわけではないのですが、とにかくスピーキング力を伸ばすということを目標にしてスパルタコースを選び、フィリピンに来ました。勉強が始まって、フィリピン人の先生とマンツーマンで英語で会話を練習していたし、プライベートの時間も違う国籍のマネージャーと話しをしていたので、スピーキング力は伸びたと思います。 Q:数ある語学学校の中からなぜBECIを選びましたか? 海外に身を置きたかったからです。留学をして、英語を必要とする仕事に就きたかったわけではないのですが、とにかくスピーキング力を伸ばすということを目標にしてスパルタコースを選び、フィリピンに来ました。勉強が始まって、フィリピン人の先生とマンツーマンで英語で会話を練習していたし、プライベートの時間も違う国籍のマネージャーと話しをしていたので、スピーキング力は伸びたと思います。 Q:あなたが思うBECIの強みはどこだと思いますか? 海外に身を置きたかったからです。留学をして、英語を必要とする仕事に就きたかったわけではないのですが、とにかくスピーキング力を伸ばすということを目標にしてスパルタコースを選び、フィリピンに来ました。勉強が始まって、フィリピン人の先生とマンツーマンで英語で会話を練習していたし、プライベートの時間も違う国籍のマネージャーと話しをしていたので、スピーキング力は伸びたと思います。 Q:BECIに留学して、どのようなスキルが一番成長したと感じますか? 一番伸びたのは、スピーキング力だと思います。マンツーマンのレッスンもよかったですが、グループレッスンも意見を話し合えるから、話す練習になりました。また勉強面だけでなく、私がフィリピンに留学に来た時から、韓国人、中国人、台湾人、日本人、ベトナム人と様々な国籍の生徒がいたので、習慣が全く違いました。それによって、ほかの国の文化やマナーを受け入れ、一緒に生活する力も受けいれる力もついたと思います。 Q:これから留学する学生に一言アドバイスをお願いします。 一番伸びたのは、スピーキング力だと思います。マンツーマンのレッスンもよかったですが、グループレッスンも意見を話し合えるから、話す練習になりました。また勉強面だけでなく、私がフィリピンに留学に来た時から、韓国人、中国人、台湾人、日本人、ベトナム人と様々な国籍の生徒がいたので、習慣が全く違いました。それによって、ほかの国の文化やマナーを受け入れ、一緒に生活する力も受けいれる力もついたと思います。 ...

Q:なぜ海外で英語留学をしようと思いましたか? 理由は大きく2つあって、1つは小さいころから海外留学するのが夢だったのと、将来海外で働きたいというのもあって、英語を勉強しようと思いました。留学を決めたのは、英語を勉強するにあたって、日本で普通に勉強するより、英語を当たり前に使わないといけない環境、日常的に使える環境に身を置いたほうが英語を身に着けやすいと思ったからです。留学先をフィリピンにしたのは、もともと英語がとても苦手で、カナダとかアメリカ人の速い英語についていける自信がなくて、 フィリピンに決めました。あとは、費用が安いのと、他の国にはない1on1のクラスがあることも決め手になりました。 Q:数ある語学学校の中からなぜBECIを選びましたか? まず、なんでバギオを選んだのかというと、虫と暑いの苦手だからです。バギオはフィリピンの他の街より涼しいので、過ごしやすくいだろうと思い、バギオに決めました。BECIを選んだのは、他の学校と比較して、厳しすぎず、緩すぎず、自分にあったペースで勉強できると思ったからです。あと、学校施設が1番新しいと聞いてBECIに決めました。 Q:あなたが思うBECIの強みはどこだと思いますか? 授業を自分でカスタマイズできるが良かったなと思います。ライティング、リスニング、リーディング、スピーキングの4つを満遍なくやるのではなく、スピーキング4コマに変えたり、クラスを減らしたり増やしたり、生徒の要望に柔軟に対応してくれるなと感じました。校舎や寮も新しくきれいで、広いのであまりストレスを感じることはありませんでした。 Q:BECIに留学して、どのようなスキルが一番成長したと感じますか? 英語のスキルでいうと、リスニングです。最初は人が言っている20%くらいしか理解できませんでしたが、今は95%くらいまで理解できるようになりました。ほとんど意識していなくてもするする頭に入ってくるので、驚いています。英語以外では、忍耐力がつきました。あと、異文化理解。小さいことでいうと食事のマナーも国によって違いがあって、日本人からするとマナー違反でも、他の国の文化だと思ったら我慢できるようになりました。これも留学しないとわからないことだったので、一つの大きな学びだなと思っています。 Q:これから留学する学生に一言アドバイスをお願いします。 留学前に最低限の文法と単語を勉強してきたほうがいいです。そのほうがもっと意味のある留学になると思います。海外に留学するのはお金も時間も必要で簡単なことじゃないので、日本でもできる基礎的な文法、単語は日本で勉強してきて、自由時間をもっとここでしかできないこと、例えば違う国の子と話すとか現地の友達を作るとかに使ったほうがいろいろなスキルが身につくと思います。私はここに来たとき、本当に英語ができなくて、基礎的なことだけでも日本でやっていれば、もっと色んな人と話せたのかなというのが唯一の心残りなので、同じ失敗はしてほしくないです。でも4か月毎日楽しくて、本当に留学にきてよかったなと思っています。 ...

Q:なぜ海外で英語留学をしようと思いましたか? 私は英語を勉強するのとプラスで海外の生活を体験したいということもあったので海外留学をしようと思いました。 どこで勉強するか、資金面をどうするかと考えた時に、フィリピンで英語の基礎を学んだ後、ネイティブの国に留学する二カ国留学が流行っているということを聞いて、自分でも面白いなと思ったので二カ国留学することに決めました。 Q:数ある語学学校の中からなぜBECIを選びましたか? 英語の勉強からしばらく離れていたので、マンツーマンでしっかり英語のベースを作りたいと思ってフィリピンに決めました。友人が働いていたエージェントさんにスピーキングを伸ばしたいと相談した時にBECIを紹介していただいて、バギオだと気候的にも英語に集中しやすいし、パンフレットで見た時にすごく綺麗だったのでBECIにしようと思いました。 Q:あなたが思うBECIの強みはどこだと思いますか? コースの変更が気軽にできるところがよかったです。 一週間前に変更手続きをすれば、次の週から変更できたので、レベルに合わせた時期にクラス変更を行えるのがよかったです。 私の場合は初め、SPARTAを受けたのですが、英語に触れる時間をしっかり取ることができ、リスニング力、スピーキング力をしっかりあげることができました。その後、オーストラリア留学に向けてビジネスコースも受けて見たいと思った時にスムーズに最後の4週間をビジネスコースを変更することができ、ビジネスに直結した勉強ができたので、とてもためになりました。 初心者の方でビジネス英語を勉強したい方は、はじめにSPARTAコースを受けるのもいいと思います。 Q:BECIに留学して、どのようなスキルが一番成長したと感じますか? リスニングが伸びたと感じます。 日本でも英語の音楽や映画を見たりして勉強していたのですが、実際に英語の授業を受けて、わからないところも多かったけど、今では相手の言っていることを理解できるまでの時間が早くなったと実感しています。 リスニングの次にリーディングが伸びました。 SPARTAコースで文章を読んでその内容を説明するというクラスがあったのですが、読みながら説明という練習のおかげでだいぶ理解できるようになったと思います。自分ではまだまだ40%くらいだと思っているので、これからももっと頑張っていきたいと思います。 Q:これから留学する学生に一言アドバイスをお願いします。 目標設定は必要だと思います。 先生とのコンサルテーションの時に自分でどこまで伸びたいのかという具体的な目標が無いと伸びるものも伸びないと思うので、目標や、どの分野を伸ばしていきたいのかを明確かつ具体的に設定することが充実した留学生活に繋がると思います。あとは、お金をしっかり準備してくることだと思います。 友達とどこかに旅行に行こう!ってなった時に、やっぱりお金がかかってくるので、準備しておくことをオススメしたいです。 ...

Q:なぜ海外で英語留学をしようと思いましたか? 自分の夢が大学の教授になるということなので、学会や論文を書くにしても絶対英語が必要で、研究室にも絶対外国人がいるので、英語をやらないといけないなと思っていて、その中で集中的にするために海外留学を考えていました。今回、タイミング良く夏休みに時間が作れたので、短期でもいいから留学しようと思いました。 Q:数ある語学学校の中からなぜBECIを選びましたか? 金銭的な面では、学校の奨学金でほとんどカバーが出来るのがフィリピンだったこと、友人が最近はフィリピンが人気ということを言っていて、代理店さんに相談した中で、英語に集中するならバギオと聞いてバギオにした。 はじめは資料請求でパンフレットを見ていたときに、に一目惚れした。 汗かかなくて良さそうで、自然の中に有って息抜きができるなと思ったので、BECIにしました。 Q:あなたが思うBECIの強みはどこだと思いますか? 学生と先生方の雰囲気が個人的にとても好きでした。全体として人の雰囲気が良かったです。設備的にも不満はなくて、過ごしやすかったので、環境とか、雰囲気がすごく良いなと思いました。強いて言えば、たまに食事の時間終了のギリギリに行ったときに食べれるご飯が無いっていう時があったくらいですね。(笑) Q:BECIに留学して、どのようなスキルが一番成長したと感じますか? ライティングですね!マンツーマンのライティングのT.RHEA先生がとても熱心に教えてくれたのがすごく良かったです。1ヶ月で1冊200ページを2週間で終わらせようってお願いして、宿題をたくさん出してもらいました。週末は70ページ出してくれたりもしました。月曜日の朝に出したら、放課後までに全部採点してくれたので、本当に感謝しています。 ライティングに集中してやったので、話す時も頭の中で文章構成が出来る用意なってきたんで、ライティング集中的にやったけど、スピーキングもプラスでついてきたって感じで、ライティングの次はスピーキングが伸びたって感じます。 Q:これから留学する学生に一言アドバイスをお願いします。 1つ目は、コースはちゃんと決めたほうが良いと思います。 自制がちゃんと出来て、予習復習をしっかりしたい、マンツーマンの授業を全部スピーキングにカリキュラム変更したいとか思っているのであれば、SPEED ESLのほうが良いと思いますし、SPARTA ESLの人は授業終了が21時と遅いので、その後に宿題や復習をしないといけないのがとても大変そうでした。授業中だけで完結させたいとか、復習とかよりも授業メインで勉強したいって人は、11時間も講師と英語で勉強しているので、復習なしならSPARTAで良いんじゃないかなと思います。 僕は、SPEEDESLコースがすごく合っていました。僕はナイトクラスはスピーキングの1つだけ取って、18時から自習していました。復習2回するので、自習の時間を確保したかったからです。 2つ目は、日本で事前勉強はしてから来たほうが良いと思います。日本人学生の友人と一緒に勉強していて、『日本でやれよ』っと思う場面がありました。僕の場合、外国人の友人と毎日2時間話す時間をつくったり、事前に勉強してから来たので、スムーズに勉強できました。ちょっと英語に慣らしてから来たほうが良いと思いました。 ...