【公式】BECI International Language Academy | NINO
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
23
archive,category,category-nino,category-23,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

11週目が終わりました。卒業まであと一週間です。初めは、時間が過ぎるのが遅く感じていましたが、今はとても早く感じ、そして帰りたくない気持ちです。最後の週末ということで今週は、仲の良い友達とサンフェルナンドに旅行に出かけました。サンフェルナンドはバギオからバスで1時間半ほどの所にある世界的にサーフィンで有名な観光地です。フィリピン人だけでなく、多くの外国人が訪れていました。 初め僕らは、サーフィンに挑戦するためにビーチに行きました。ビーチの近くは本当にリゾートみたいでとても驚きました。僕らはサーフィンをすることは初めてだったため、ボードをレンタルし、インストラクターを頼みました。初め、サーフィンはとても難しいと思っていましたが、実際はインストラクターのおかげもあってかすぐに乗ることができるようになりとても楽しめました。女性の友達もうまく乗れていたので、男女関係なく楽しめると思います。また、サーフィンだけでなくリゾート施設や海岸でランチや写真をとったりして楽しみました。 次に、僕らはビーチの近くにあるカジノに行きました。カジノは映画などでよく目にしていましたが行くのは初めてで、みんなワクワクしながら向かいました。カジノにつくと映画で見たような光景が広がっていました。ルーレットが回り、おおくのスロット、カードゲームスペースなどで歓喜とチップが飛び交っています。友達にルールを教えてもらい、僕らも少し挑戦してみると、少しですが勝つことができました。ギャンブルよりもそれ以上にカジノという空間を経験できたことがとても楽しかったです。 サンフェルナンドは、フィリピンの中で一番楽しめた場所だと思います。観光地としてはとても近く、そして、交通費やレンタル料がとても安いです。交通費は片道80ペソ約200円です。サーフィンも1000円あれば十分楽しめます。もし、時間があったらまた行きたいと思う場所でした! ...

10週目が終わりました。後り2週間です。時はとても早く3か月がとても早く感じます。留学期間は、人によりさまざまですが自分は3か月を選びました。2ヶ月や1か月の人もいますが、自分は三か月がベストだと思います。2か月だと少し短く3ヶ月以上だと少しだれてくると思います。もし、三ヶ月以上留学を考えているのならば、僕は学校を変えるべきだと思います。環境が変われば、気持ちがリセットされ、また新たな友達ができると思います。実際3ヶ月ではある程度身につくが、もう少し高いレベルを目指すならば半月、1年必要だと感じました。 今週はリハブ(発音クラス)が先週終わり、久しぶりにクラスに参加しました。先生に発音よくなったねと褒められ、とてもうれしかったです。最初はまったくできなかった先生との世間話やジョークなども、最近はできるようになりました。毎日の授業はとても楽しく、たまに授業がまるまる世間話で終わることもあります(笑) また、今週自分の部屋にルームメイトが来ました。BECIの建物は新しくとてもきれいです。しかし、トイレとシャワー室が僕らの部屋は同じため特に朝混雑するため少し苦労しています。また、Wifiもあまり強いとは言えません。フィリピンということを考慮すると仕方ないかなと思います。しかし、その他はよくベットの寝心地や収納、スタッフの掃除、とても満足しています。特に朝の日あたりや景色が素晴らしく毎日気持ちよく目覚めています。 ラスト2週間、後悔がないよう勉強、遊び、思い出つくり、おもいっきりやりたいと思います! ...

今週は一週間、REHABプログラムという授業を受けました。REHABプログラムが何かと言うと発音矯正の特別授業です。 一週間すべての授業が発音矯正専門のクラスになります。スパルタの生徒は強制的に参加しなければならない授業です。僕はスパルタの生徒ではないですが参加を決めました。なぜ参加したかというと、多くの講師に発音の間違いを指摘され、発音の悪さを実感したことと、発音の自主学習は難しいと思ったからです。  具体的にどのようなことをやるかと言うと「L、R」の発音の違い、たくさんの「a」サウンド、発音記号すべての発音の仕方を習います。以前僕は「light」と「right」を同じように発音し同じ「ら」の音を出していました。僕と同じように英語が苦手な学生は、同じように感じているのではないでしょうか?? 同じように「she」「sea」はどうでしょう、違いがわかりますか?以前の僕は、全くわかりませんでした。それは発音の仕方を知らなかったからです。また意識していなかったからです。しかし、今ははっきり分かります。これは、同時にリスニング力の向上にもつながります。発音の講師いわく、発音できない単語は聴き取れないそうです。 つまり、リスニングの勉強をするのに初めにするべきことは発音の練習なのです。しかし、発音の授業は簡単な内容ではありませんでした。一時間ずっと同じ発音練習を繰り返すこともありました。そのため、しばしば途中でドロップアウトする学生がいるそうです。自分は一週間を通して一通り発音の仕方を学ぶことができました。しかし、発音は自分で意識しなければ向上しません。あと数週間ですが意識して英語を使っていきたいです。 ...

留学8週目が終わりました。留学生活も残す所あと一ヶ月です。最初は長く感じていた一週間も最近はすごく早く感じています。今週は、バッチメイトの卒業式がありました。卒業式は毎週あるのですが、仲良い友達が帰るのは初めてで、とても寂しい気持ちになりました。毎日顔を合わせ、勉強し、ご飯を食べ、たった数ヶ月ですが、こんなにも近く長く一緒に生活した友達は初めてで、一生大切にしたい友達ができたと思っています。日本と韓国は、政治的にはあまり仲がいいとは言えませんが、実際の韓国人はとても優しくフレンドリーで明るい人が多いです。 次に今日は、バギオのダウンタウンについてお話したいと思います。BECIからタクシーで10ー15分行ったところにダウンダウンがあります。きらびやかな装飾多く、多くのお店があります。どのお店もとても安くおいしそうなお店が立ち並びます。その中でも僕がおすすめしたいお店が「Sizzling Plate」です。ステーキをメインにしているお店です。BECIの食事は韓国料理が多いため、たまにジャンキーな食べ物が食べたくなった時息抜きで行っています。ステーキ、スープ、ご飯、いろいろ頼んで一人600円!でした。びっくりするぐらい安いです。他にもハンバーガー屋さん、フィリピン料理、韓国料理いろいろありどこも行ってみたいところばかりです。もちろん、スターバックスやマクドナルドなど有名なお店も多くあります。最初フィリピンを甘くみていた自分は初めて行ったときは正直驚きました。また、初めは緊張していた注文も最近はスムーズ行うことができるようになってきました。 ...

年がかわり2017年になりました。学校は、30-2日までの4日間がお休みで多くの学生がこの時間を使い旅行に行っていました。自分は、旅行には行かず少しの外出と勉強と休憩をしていました。自分は6人部屋のため、久しぶりにゆっくり一人の時間を過ごせて楽しかったです。話はかわりますが、留学中特に韓国の学生の旅行の誘いや遊びの誘いが多くあります。BECIの場合多くの場合、日本人が少ないため韓国人6人+日本人1人などの状況になります。そのとき、韓国人は全員が全員英語を使って話してくれるとは限りません。当然僕らは理解できないため、会話に入れず疎外感や退屈感を感じるときがあります。そのためにも友達はちゃんと見極める、またはEOP(english,only,policy)を守らせるなど注意が必要です。また、日本人は誘われたら断りずらい傾向にあると思いますが、行きたくない時や勉強したい時は断る勇気も大切です。しかし、フィリピンには多くの観光地があるため、せっかくフィリピンにいるのだから僕は基本的に旅行はお勧めです!ただし、しっかりと自分の時間を確保し、周りに流されないことが大切です。 次にフィリピンの年越しの話をしたいと思います。日本は基本的に家でテレビを見ながら年をこしたり、初詣にでかけたり落ち着いて年をこしますが、フィリピンは真逆です。外にでて騒ぎ、花火がばんばん上がり町一帯で新年を祝います。みんなで庭にでて花火を楽しみカウントダウンで盛り上がりました。また、初日の出は日本特有の文化らしくフィリピンや韓国にはないそうです。明日から授業が始まります、気持ちを切り替えあと一ヶ月間気を引き締めて頑張りたいと思います! ...

留学期間の半分が過ぎました。最近は少し中だるみの時期のせいか、勉強の時間が減り雑談の時間が増えたのを感じています。しかし、使う言語は英語なためこれも勉強だと自分に言い聞かせています(笑)。 今週はクリスマス!ということで23日(金曜日)に学校全体でクリスマスパティーをしました。フィリピンは、キリスト教徒が多いためクリスマスの気合が違います!9月頃から街中はク リスマスモードに変わり、店員さんはクリスマスの帽子をかぶり、お店の中はクリスマスソングが流れています。そのため、学校のパーティーも同様にすごく、夕方の4時から4~5時間使い野外でゲームや食事、プレゼント交換、キャンプファイヤーを楽しみました。 は、人間綱引きに参加しました。綱引き同様に10人ほどで一列に向かい合い先頭の敵同士が手で引き合う簡単なゲームです。しかし、予想以上に盛り上がり結果は負けてしまいましたがとても楽しかったです。そのほかにも様々なゲームをした後にキャンプファイヤーを楽しみつつ、クリスマスディナーを食べました。日本では、クリスマスと言えばチキン、七面鳥を想像しますが、フィリピンでは大人の豚一頭の丸焼きが出てきたのには正直驚きました。 食事、アクティビティも終わり日も十分暮れ、雰囲気とキャンプファイヤーのおかげもあってか、そう!恋バナが始まりました。やはり同じ人間だからかどこの国の人もみんな恋バナが好きみたいです。昔からBECIには「BECIマジック」という言葉があります。BECIの学生ならばみなが知って いる言葉で、僕も初日に教えられました。ずばり、BECIでは恋が生まれやすく、留学中多くカップルができる。これを「BECIマジック」と言います。うそみたいな話ですが実際に今も多くのカップルがBECIマジックをゲットしています。そのため、BECIマジックを願う友達と熱く遅くまで語りあいました(笑)。日本人の女性は本当に人気があるため、もしかしたら、英語のスキルよりも先にBECIマジックをゲットしてしまうかも!?笑 ...

留学5週目がたちました。 一ヶ月がすぎ生活には慣れたが、勉強面では最近自分の英語の伸びを感じることが少なく正直焦り不安を感じています。発音、ボキャ、リスニング、予習、復習などやることが多く、なにを優先してやればいいか分からず戸惑っています。英語はすぐ伸びる簡単な科目ではないことはわかっているが、自分が今やってる勉強は正しいのか自信が持てず悩んでいました。僕は、友達やマネージャーに聞いてみることにしました。自分の現状を話し、自分が今必要なことを相談しました。いろいろなアドバイスをもらい一番大切な事に気づきました。それは、「今、フィリピンで留学していること」です。   僕の留学期間は三か月しかありません限られています。元々の英語の能力がない僕が、たったの三か月で英語が完璧になるわけがありません。そこで、今海外にいることを一番に考えここで学ぶべきことを一番に考えました。それは、発音、スピーキングです。文法やイディオムなどは一人で学習することができるが、発音は学ぶことが難しくここでやるべきことだと気づきました。そして、発音特化の授業をとることに決めました。来週または次の週に発音特化のリハブという授業を受けるのでまた感想を書きたいと思います。   次に自分の自習の勉強法、やっていることを紹介したいと思います。自分がやっていることは3つあります。一つ目は予習、復習です。予習は主に明日やるトピックの分からない単語を調べ復習は、今日の授業で先生に注意された発音や正しい文をまとめて見直しやすいようにしています。二つ目は、単語の学習です。暗記ではなく学習です。やはりボキャは話す上で大切で自分には圧倒的にボキャが不足しているため、単語の発音、スペル、意味、使い方4つを意識し学習するようにしています。留学に来る前に学習しなかったことをとても後悔しています。3つ目は、一日のうちに英語で言えなかった日常会話や表現をメモしておき、それを調べる作業です。今日言えなかった表現は明日言えるよう努力しています。以上が僕が行っていることです。これらのことを書いたが、もう一つ言われたことがあります。それは、「信じる事」自分を信じない者に努力する価値はありません。また、焦らず楽しむこと。英語は言語です。言語は人と会話を楽しむものです。楽しむことを忘れてはいけません。これからもこれらを意識し自分を信じ焦らず勉強頑張っていきたいです!!! ...

4週目が終わりました。 勉強面では、自分の語彙力のなさを痛感し毎日単語の勉強をしています。今までは、発音などは気にせず自分なりに発音し単語の記憶を行っていましたが、留学して感じた発音の大切さを意識し、単語の発音を聞きながら意味と発音またアクセント意識して記憶するよう努力しています。 今週はBECIの最大?の強みと言われている、ラウンジについて書きたいと思います。まず、ラウンジとは何かというと24時間使うことができる勉強スペースとリラックスエリアのある広い部屋です。なぜ最大の強みと言われているかは、これほど素晴らしいラウンジがあるのはBECIくらいだからだそうです。他の学校は基本的に部屋でしか勉強できないまたは、あっても小さいそうです。部屋ではわからないことを友達に聞くこともできません。また、ルームメイトがいた場合、集中できないなどの問題があります。部屋にも勉強机はありますが、僕はラウンジでしかしたことありません。ラウンジは広く、24時間なため留学中いつでも勉強できます。留学生の間でたびたび、なぜBECIを選んだかという話題になるのですが主に答えはそう、ラウンジです。それぐらい魅力的です。 ラウンジはEOP(English Only Policy)を実施しています。 つまり、英語しか使えません。EOPを見回る先生などもいて基本的に皆守っています。日本のように私語禁止ではないため英語ならば普通に会話もできます。たまに会話を大きい声でされると集中できないこともありますが(笑) ラウンジのデザインはウッドテイストです。天井は最上階なためとても高く、横壁もすべてが大きい窓なため開放的で居心地は抜群です。椅子や机もこだわっており、南国のホテルにあるような高級感のある椅子が使われています。 ラウンジにはそのほかにもカフェや売店もあります。カフェはとてもレベルが高く、ドリップコーヒー、ラテ、チョコラテ、スムージーいろいろあります。コーヒーは一杯70円くらいからあり、とても安くよく利用しています。   いろいろ説明してきましたが一番大切なことは、集中して勉強できる環境が整っていることです。確かに先生とのマンツーマンの授業も大切ですが、同じくらい予習復習などの自己学習も大切だと僕は感じています。ラウンジの存在はそれらを助けてくれるとてもいい場所です。   ...

3週目が終わりました。 今週は土日の休みを使って、BECIから車で4~5時間の場所にある「one hundred island」というリゾートビーチに行ってきました!直訳の通り100個ほどの小さな島がいくつもあるビーチです。一週間前、韓国人の友達に誘われ行くことが決まり、日本人5人、韓国人5人の合計10人で行ってきました。土曜日の朝5:00に出発し、9時に到着し一泊する海辺のコテージ?家?に着きました。施設は綺麗で部屋もいくつかあり快適でした。しかし、エアコンがなく少し蒸し熱く、日中は汗ばむ気候でした。そして、到着した後は着替えを済ませビーチへ向かいました。島から島へは距離がある ため、移動手段は小型ボートを使います。島ごとにそれぞれ違うアクティビティがあり、自分達がやりたいアクティビティのある島に向かうシステムです。アクティビティはたくさんあります。例えば、スノーケリング、バナナボート、スキューバダイビング、シーウォーク...などです。僕らはまず「シーウォーク」を行いました。まず、シーウォークとは何かというと、スキューバダイビングのように海の中に潜るアクティビティですが、ものすごく簡単でヘルメットをかぶるだけです。ヘルメットの中は常に空気で満たされているため、顔も濡れることもなく非常に安全かつ海中を楽しめるアクティビティです。小さい魚や口が動くとても大きな貝がいて、とても楽しい海中体験ができました。 次にスノーケリングエリアに移動し、自由に遊び綺麗な海を楽しみました。ここで、昼食をボートの上で食べました。ボートの上だかなのか、海の上だからなのか、とても雰囲気がよくいつもよりおいしい気がしました(笑)。 そして、次はバナナボートのアクティビティを行いました。バナナボートに一列に乗り込み、紐でつながれたボートで引っ張られ、スピーディーで爽快感がありました。運転手のナイスなアクシデントでバナナボートが転覆したのもいい思い出です。この他にも飛び込みや、ジップラインなどいろいろなアクティビティを楽しみました。3時頃に家に戻り、6時からはBBQを楽しみました。韓国の友達はサムギョプサルを振る舞い、僕らは簡単な親子丼を振る舞いました。サムギョプサルは美味しかったですが、少しやはり辛かったです。お酒も入り、簡単なゲームも行いました。どうやら韓国人は、お酒の席でのゲームが好きなようで、ノリノリで楽しんでいました。日本のゲームにも興味を持ち、山手線ゲームやタケノコニョッキゲームを教えて夜遅くまで楽しみました。アクティビティについてまず言えることは値段の安さです。2日間の食費、お酒すべて合わせ一人約800ペソ(約1700円)。コテージ代+交通費+ボートレンタル代で一人約2000ペソ(約4000円)。アクティビティ代(スノーケリング、飛び込み=無料、バナナボート一人250ペソ(500円)、シーウォーク一人400ペソ(800円)。一人約7000円でこんなにも楽しいアクティビティを楽しめました。 日本なら一体いくらかかっていたか分かりません(笑) 。せっかく海外に留学にきたのだから、現地でのアクティビティに一度は参加するのもいい経験になるのではないでしょうか。 ...

どうも!NINOです!!! フィリピンに来て2週間がたちました。初めは生活のリズムや英語の授業に苦戦する毎日でしたが、日本人以外の友達も増え、自分が少しずつ話せている実感を感じてきています。 話すことにより「これは、どう言うんだろう?」や、「あれはなんて意味なんだろう?」という疑問が生まれます。分からない英語はメモをとり後で勉強し、次の日はこの表現を使ってみる。このインプットとアウトプットが言語の勉強においてとても大切だと感じました。 そして、今週は主にBECIの授業について書こうと思います。 僕のBECIでの生活の流れ 6:20 起床 6:30 朝食 7:00 ~ 身支度 8:00 マンツーマン授業1 9:00 *授業は50分授業、休憩10分 ~    空き時間 11:00 マンツーマン授業2 12:00 昼食 13:00 グループクラス1( ※グループクラスは3~5人で行う) 14:00 マンツーマン授業3 15:00 マンツーマン授業4 16:00 グループクラス2 16:50 授業終了 17:30 夕食 18:00 ~ 自由時間 24:00就寝 はい、英語漬けの毎日です(笑)。平日はこのような流れで生活しています。17時から21時までは自由参加のナイトクラスも4時間分あります。スピードESLコースはナイトクラスを3つまでとることが可能ですが、僕はまだ昼間の授業の予習、復習でいっぱいいっぱいなため、慣れてきたらとろうと考えています。 授業は2種類ありマンツーマンの授業では、ひたすら話す授業、文法や語彙を覚える授業、長文を覚える授業いろいろあります。主に授業は自分のレベルにあった教科書を使い進められます。フィリピンの先生は、日本のピシッとした先生とは違い、フレンドリーで明るい先生が多いです。いつも「Hi.Nino------!!」と満面の笑みで迎えてくれます。たまにむちゃぶりの先生もいて、英語の音楽を先生の前で歌うという恥ずかしい宿題を出され夜遅くまで一人で練習した苦い思い出もあります(笑)。    ...