【公式】BECI International Language Academy | API-BECI概要
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
749
page-template-default,page,page-id-749,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
BECI's Overview

API-BECI概要

学校情報

学校住所:381 Purok 5, Dontogan Baguio City 2600, phillippines

学校代表電話番号:(+63) 74-442-5129

営業時間:8:00~17:00(フィリピン時間)

設立年度:2003年

学生定員:200名

講師数:100名

日本人スタッフ人数:正社員1名・学生スタッフ2名・講師1名

日本人正社員連絡先:花島 貴士(はなしま たかし)電話番号:+63 80 9512 7646、LINE ID: hana.0087aaa

空港から学校までの距離:ニノイ・アキノ国際空港(MNL)(274Km) 空港よりBECIまで約5時間移動

オフィススタッフ人数(国籍別):韓国5名、ベトナム2名、日本2名、中国2名、フィリピン5名

生徒国籍比率: 国40%、日本25%、台湾15%、ベトナム10%、中国5%、その他5%

生徒年齢比率: 2040%、一般人20代30%、一般30代20%、一般人4010

学食日本食割合:15%

マンツーマン教室数:110室

グループ教室数:17室

ラウンジ開放時間:24時間

門限:日~木:10:00、金・土:翌日2:00

外泊:平日不可(家族や友人が訪問の場合、副校長の許可のもと外泊可能)、金曜日までの申請で金・土の休日外泊可能。

EOP実施の有無:ラウンジ、校舎 24時間EOP実施

平日追加授業・費用:マンツーマン1コマ追加時:4000ペソ/グループクラス1コマ追加時:2000ペソ/SPプログラム追加時:2000ペソ/REHABプログラム追加時:2000ペソ(*追加金額は全て4週間単位)

コース変更:可能

週末・祝日追加授業・費用:週末授業なし

停電の頻度:2ヶ月に1度(バギオ市の規定により停電になることがある)BECIが定期停電を行うことはありません。

発電機の有無:有り。校舎、学生寮の電気供給が可能

両替所の有無・営業時間:無し

保健室の有無・営業時間:無し (基本、病院に引率する)

寮情報

部屋タイプ: 1人部屋、2人部屋、3人部屋(A/B) *A:テラス有りB:テラス無し、4人部屋、6人部屋

入寮曜日:日曜日 13:00以降

退寮曜日:土曜日 12:00まで

延泊費用:1000ペソ/1泊(3食付)*延泊は2週間前までに現地申請、現地支払い。

清掃(週):週1回

洗濯(週):3回(月水金)(1ヶ月制限10kgまで無料。超過時:28ペソ/1kg)

インターネット接続可能場所:学生寮各部屋/ラウンジ(5階)

周辺情報

最寄りのスーパー(コンビニ): APIBECI正面にサリサリショップ 

スーパー:車で5分、徒歩30分(PURE GOLD)

病院までの距離:車で10分以内 (BMC: Baguio Medical Center )

学校周辺にあるお勧めスポット(観光地も含む): マウンテンウルラプ(mt. ulap)、サンフェルナンド(san Fernando)、ベンキューミュージアム(benguet museum)、アシンロードプール(asin road pool)、マインズビュー(mines view)、ライトパーク(wright park)、セントトーマスマウンテン(mt. sto tomas) など。

学校側の要望

API-BECIへの留学をお勧めするお客様のタイプ:実際に英語を話したい方

お勧めしていただきたいコース:スピード-ESLコース。 英語に慣れていない状態で、スパルタ-ESLコースで1日11時間をするよりも、時間に余裕があり、自分の時間を作ることの出来るスピード-ESLをまず登録することをお勧めしています。そして、スピード-ESLコースの学生様でも、2016年10月よりSPプログラムでの毎週SPテストやREHABプログラムでの発音強制が現地申請、現地追加支払いで受講できるようになりました。

日本人生徒に人気のコース:スピード-ESL