【公式】BECI International Language Academy | 2017 3月
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
0
archive,date,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

11週目が終わりました。卒業まであと一週間です。初めは、時間が過ぎるのが遅く感じていましたが、今はとても早く感じ、そして帰りたくない気持ちです。最後の週末ということで今週は、仲の良い友達とサンフェルナンドに旅行に出かけました。サンフェルナンドはバギオからバスで1時間半ほどの所にある世界的にサーフィンで有名な観光地です。フィリピン人だけでなく、多くの外国人が訪れていました。 初め僕らは、サーフィンに挑戦するためにビーチに行きました。ビーチの近くは本当にリゾートみたいでとても驚きました。僕らはサーフィンをすることは初めてだったため、ボードをレンタルし、インストラクターを頼みました。初め、サーフィンはとても難しいと思っていましたが、実際はインストラクターのおかげもあってかすぐに乗ることができるようになりとても楽しめました。女性の友達もうまく乗れていたので、男女関係なく楽しめると思います。また、サーフィンだけでなくリゾート施設や海岸でランチや写真をとったりして楽しみました。 次に、僕らはビーチの近くにあるカジノに行きました。カジノは映画などでよく目にしていましたが行くのは初めてで、みんなワクワクしながら向かいました。カジノにつくと映画で見たような光景が広がっていました。ルーレットが回り、おおくのスロット、カードゲームスペースなどで歓喜とチップが飛び交っています。友達にルールを教えてもらい、僕らも少し挑戦してみると、少しですが勝つことができました。ギャンブルよりもそれ以上にカジノという空間を経験できたことがとても楽しかったです。 サンフェルナンドは、フィリピンの中で一番楽しめた場所だと思います。観光地としてはとても近く、そして、交通費やレンタル料がとても安いです。交通費は片道80ペソ約200円です。サーフィンも1000円あれば十分楽しめます。もし、時間があったらまた行きたいと思う場所でした! ...

3月末の晴れた日、ベトナムの留学代理店様を招待し、BECIはBESA Famツアー2017を行いました。BECIスタッフと教師一同が待ちに待ったこの日、ベトナムから長い道程を経てここバギオまでお越し頂いた権威あるベトナムの代理店様にお会いすることができ大変光栄です。BECIの素晴らしさを知っていただこうと、装飾などを施し万全の準は万端。当日の雰囲気はまるでお祭りのようでした。BECIは午前9時にベトナム留学代理店様を笑顔で歓迎しました。BECIキャンパスに到着した時の皆様の表情から、BECIにとても興味を持ち心地よさを感じて頂いていることが分かり、私たちは天にも昇るような喜びを感じました。素敵な写真をたくさん撮影しておられました。 さらに、ベトナム留学代理店様から多く賛辞を頂き、言葉では言い表せないほど幸せな気分でした。 始めに、自慢のラウンジからBECIキャンパスツアーを開始しました。ラウンジにあるカフェで淹れたコーヒーを飲みながら、バギオを一望できる絶景を楽しみました。また、ラウンジでは熱心に勉強に打ち込むBECI学生たちの姿を見ることができました。 次に、コミュニティビルディングに移動して、図書館、人事部、管理部門、SPスタジオ、自習室へご案内しました。トレーニングルームではBECIのプレゼンテーションを見て頂きました。 ベトナム留学代理店様は、BECIが心を込めて作ったパンフレットとお土産キットに大変喜んでおられました。 プレゼンテーションでBECIのプログラムを紹介し、SPテストやリハブの授業がどれほど効果的かJake先生に説明して頂きました。 ベトナム人マネージャーのカティ氏は、2人のベトナム人マネージャーがどれほどベトナム人学生を大切に思い接しているかを発表してプレゼンテーションを終了しました。 その後、ベトナム留学代理店の皆様は、BECIの学生寮とクラスビルディングを訪問して、実際の授業風景をご見学頂き、一部の学生にインタビューする場面もありました。 さて、約1時間30分のBECIツアーを終え、BECIの使命とこれからの展望をベトナム留学代理店様と共有することができたと考えています。今後ベトナムの学生の為にこの経験を役立てていただければ幸いです。ベトナム留学代理店様の努力には大変感謝しております。近いうちにまたお会いできうことを楽しみにしています。 ...

3月27日に新入生のエントリーテストが行われます。全ての新入生は、パスポートと筆記用具を持参の上、コミュニティビルディング1階のトレーニングルームにて各種(スピーキング、ライティング、リーディング、リスニング、文法)のテストを受けて下さい。...

3月22日・23日の9時からダイニングエリアにてグループクラスエンロールメント(グループクラス登録会)が実施されます。マンスリーテストを全て受けた学生は23日に、ひとつでも欠席した学生は24日にグループクラスエンロールメントに参加して下さい。 当日は非常に込み合い、グループクラスは先着順で席が埋まるので早めにダイニングへ行き、グループクラスを登録してください。 ※登録方法がわからない新入生はマネジャーが補助します:)...

3月20日に新入生のエントリーテストが行われます。全ての新入生は、パスポートと筆記用具を持参の上、コミュニティビルディング1階のトレーニングルームにて各種(スピーキング、ライティング、リーディング、リスニング、文法)のテストを受けて下さい。...

BECIで手に入るのは英語スキルだけではありません! 私たちは学ぶだけでなく、様々な国籍の学生がお互いに交流し、素敵な思い出を残せるようにたくさんのアクティビティを用意しています。 学生、講師、スタッフがラウンジに集まりました。このアクティビティは、BECIのヘッドティーチャーであるヤナ講師の挨拶から始まり、続いて自国を代表する学生のダンスパフォーマンスが行われました。広々としたBECIのラウンジで、日本、中国、台湾、ベトナム、韓国の各国代表が、ダンスと歌を披露するために舞台に上がりました。このアクティビティのために一生懸命ダンスと歌を練習し本番に望む学生を見ることでスタッフ一同多くの感動を味わうことが出来ました。それだけでなく、参加者の愛らしいパフォーマンスや振る舞いは勉強でたまったストレスを吹き飛ばしてくれました。 次のゲームは「Cupid goes to market」と呼ばれます。主催者は、各国の男性代表者が1名です。このゲームに参加するには、男性は女性のようなメークアップとドレスを着用する必要があります。さらにゲームに挑戦する男性陣は、酸っぱいカラマンシーの果物を噛む必要があり、これを噛めば誰もが笑顔になってしまします。さらに、講師と学生が特技で競い合うアクティビティもありました。最初の演奏者は、ギターを演奏する際に素敵な声とテクニックを披露した講師陣でした。 2番目のパフォーマーは、ダンスフロアをかけ踊る講師のグループでした。 その次は "単語当てゲーム"でした。参加者は、クイズの答えを全員で協力して作らなくてはいけません。「VALENTINES」の文字を使用してクイズに答えていきます。参加者は注意深くクイズに耳を傾け、正しく単語を綴る必要があります。 BECIで学んだことを十分に活かして多くのクイズで正しい単語を綴ることが出来ました。 最後に、ミス・バレンタインの勝者は、ベトナムのトーマス君と日本のあかねさんでした。学生達は留学期間が長い学生のため、多くの学生から最高の票を得ました。私たちの調査によると、彼らは美しくハンサムであるだけで選ばれてはいませんでしたが、彼らは誰にでも優しい心を持ち、真面目に勉強に励む学生です。彼らはそれぞれ国の代表として、他の学生のお手本になるように有意義な留学生活を送りました。 ...

今週でベシでの3ヶ月間が終了しました。今まで、友達の卒業を見送ってきた自分が卒業するのが不思議な気分です。私は、この3ヶ月間で英語以外にも色々な経験もして、とても濃い時間を過ごせました。自分を見つめ直す良いきっかけにもなりました。来る前はとても不安でしたけど、今は来て良かったと心から思えます。海外の人達はとても親切で、最初は全く話せなかった私にもとても優しくしてくれました。日本人も皆さん良い人達で、困った時はいつも助けてくれました。先生も私の酷い英語を理解してくれて、わからないところはわかるまで教えてくれたので、上達することができました。私は、1人が嫌いではなくて、1人でいても大丈夫な人間でしたが、ここで人との繋がりってとても大切だと実感しました。1人の時間も大切ですが、殻に閉じこもってないで、もっと人と関わろうと思ったし、人と話すことも前より楽しいと思うようになりました。 もちろん、楽しいことばかりではなくて、正直に言うと、日本に帰りたいと思ったことも何回かありました。体調を崩した時は今すぐ帰りたかったし、自分の英語が上手く伝わらなかった時は日本語を話したいと思いました。けれど、今は帰るのが寂しくて、もっと皆んなと話したいし、勉強ももっとしたいと思っています。 休みのたびにビーチ、山、買い物など色々な所に行きましたが、やはり一番の思い出は授業だと思います。毎日の授業のおかげで英語を学ぶことができ、先生、友達とも仲良くなることができました。最初は授業を理解できなかった私が最後は先生や同じ授業の友達と一緒に話せるようになりました。違う国の人と英語で授業受ける。これは日本ではなかなかできない経験で、私にとって貴重な時間でした。時間が経つのは早いし、足りないなと思います。せっかく学んだ英語を忘れたくないので、もちろん日本でも勉強を続けます。もっと話せるようになって、世界中の人と関われたら良いと思っております。 日本に帰ってから仕事をする予定でしたが、今は仕事よりもっと英語を学びたいという気持ちが強くなっています。これからも海外で英語を勉強するにはお金や時間などの問題があるので簡単ではありません。けれど、自分のしたいことをすることが、自分の成長につながるし、人生も豊かになると思っています。お金などの解決方法はきっとあるはずだし、調べて自分の本当にやりたい事をしたいです。日本に帰ったらまず家族に会い、その後は友人に会い、日本食を食べ、少し休んでから行動に移そうと思っています。 BECIでの3ヶ月間は、私の人生の中で大切な思い出で忘れることはないでしょう。BECIでの経験を活かし、これからも色々なことを学びたいと思います。3ヶ月間本当に楽しかたです。 ...