【公式】BECI International Language Academy | 2017 2月
BECI(BECI International Language Academy)は、フィリピンのバギオにある国際的な英語留学アカデミーです。緑あふれる広大なキャンパスとモダンな校舎、優秀な講師陣とサポートスタッフからなる当校BECIは、「本物の教育」をコンセプトに本気で英語を学びたい方へ広く門戸を開いています。
BECI,ベシ,BAGUIO,Philippines、フィリピン、留学、英語、英語留学、2カ国留学、ワーホリ、ワーキングホリデー
0
archive,date,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

[バギオイベント情報] 2017年3月1日〜3月5日の間、バギオで「パナグベンガ・バギオ・フラワー・フェスティバル」が開催されます。 フィリピンの中でも北に位置し標高も高いバギオでは様々な種類の花が収穫できるため、花々が開花するこの時期に、収穫祭としてこのフィエスタが行われます。本物の花々を使った巨大なフロート(パレード車)が見もので、フロートが去った後に残る花のいい香りにも魅了されます。...

少し前にビガンという都市と、その近くのビーチに学校のツアーで旅行に行って来ました。ビガンは1999年に世界遺産に登録された都市で、第二次世界大戦の戦火を奇跡的に逃れ、16世紀スペインの植民地として築かれた港町です。大航海時代のスペイン風な街並みが残っております。世界遺産を観光できる機会はあまりないので興味があり参加しました。バギオからは車で10時間ぐらいかかるので一泊二日の旅行で行って来ました。仲良しの友達と付き添いの先生2人の合わせて13人の旅でした。金曜の夜中に集合し出発し、宿泊先へ向かいました。宿泊先のすぐ近くにビーチがあり、1日目はビーチで遊ぶというスケジュールでした。シュノーケリングをやる予定だったのですが、風が強く中止になってしまいましたが、みんなで砂浜や海の中で遊んで楽しい時間を過ごせました。泳いだ後は、お土産を見て、みんなでお揃いのティーシャツ買おうということになり全員同じ柄の色違いのティーシャツを購入しました。先生の分はみんなでお金を出し合いプレゼントしました。みんなでお揃いのものを買うことは初めてでしたので嬉しかったし、選ぶのが楽しかったです。宿に戻り、みんなで着替えて、ディナーをしました。みんな海で疲れていたので、食べてすぐ寝ると思ってたのですが、食べてるうちに元気になり、話も盛り上がり、気づいたら夜中になっていました。みんなハイテンションでノリが良いので見てる私も元気になり、久しぶりにはしゃぎました。 翌日はビガン都市に向かい観光をしました。馬車が通っており、普通のフィリピンの街並みとは違うヨーロッパを感じさせる風景で味わい深い街でした。フィリピンにいるということを忘れそうになりました。世界遺産ということもあり、観光客で賑わっておりました。観光をしてお土産を買い、BECIに戻りました。 生徒11人のうち、日本人は3人で少なく、英語で話すことが多かったので、英語で沢山会話ができたので良かったです。英会話のレベルを上げられた気がします。旅行自体も楽しく、友達とも前よりもっと仲良くなれたので有意義な時間を過ごせました。お揃いのティーシャツも大切にします。 そして、その友達の多くが今週卒業しました。最近は毎週、友達の卒業を見送っており、寂しいですが、みんな次の目標を持って卒業をしているので応援をしたいです。他にも残っている友達もいますし、新しい友達もつくりたいので、残りの生活も友達と楽しく、もちろん勉強にもしっかり取り組み、もっと成長していきたいです。 ...

BECI クリーンアップアクティビティ2017 大自然の中で行う清掃活動 BECIは、私たちに大きな恩恵を与えてくれる大自然への感謝も忘れません。そこで、今回のアクティビティではバギオのカルゴン山をキレイにすることにしました。この美しい山をこれからも美しく保つために私達スタッフと学生は大自然を楽しみながら、清掃活動を行ってきました。 この活動には、アラブから来た新入生を含む30人の学生が参加しました。カルゴン山はラ・トリニダード・バンゲットにあります。ラ・トリニダードは、イチゴと花の農場で有名な場所です。この場所には、印象的な岩の層と公園があり非常に特徴があります。遠くからでも、野球の帽子に形作られた岩を見ることが出来ます。これはこの地域の地名であるカルゴンの語源にもなっています。フィリピンの現地語でキャップを意味します。 トリニダードに行くには30分程かかります。頂上まで登るのには約50分かかりました。頂上までの道は険しくなく、たくさんの緑に囲まれながら楽しく登ることが出来ました。トレッキングの間に、遠くに見える田畑は本当に美しかったです。途中で、生徒達はヤギのカップルを見つけました。都市で生きる私達には非常にめずらしい光景で、誰もが夢中になってシャッターをきりました。私たちは頂上に着くと、グループに分かれてやるべきことについて少しオリエンテーションをしました。その後、山をキレイにするためにゴミ拾いを始めました。ゴミはそれほど多くなかったので、キレイにするのにそこまで時間は必要ありませんでした。山をキレイにした後は、小さな岩や切り株に座ってお互いの留学生活について話したり、キレイな空気を存分に楽しみました。清掃活動を終えて、毎日私たちに新鮮な空気を与えてくれる大自然に対する感謝の気持ちは、以前より大きくなったように感じました。 BECIはこのようなESL(英語)教育だけでなく、普段経験出来ないような体験と忘れられない想い出も学生と共有していきます。ぜひ、あなたもBECIファミリーとして共に学び、共に成長していきましょう。BECIでの経験は必ずあなたのプラスになると信じています。 ...

2月27日に新入生のエントリーテストが行われます。全ての新入生は、パスポートと筆記用具を持参の上、コミュニティビルディング1階のトレーニングルームにて各種(スピーキング、ライティング、リーディング、リスニング、文法)のテストを受けて下さい。...

2月20日に新入生のエントリーテストが行われます。全ての新入生は、パスポートと筆記用具を持参の上、コミュニティビルディング1階のトレーニングルームにて各種(スピーキング、ライティング、リーディング、リスニング、文法)のテストを受けて下さい。...

2月16日に韓国人の友人2人の卒業式がありました。一緒の日に入学して、一緒にいることが多かった友達です。毎日ご飯を一緒に食べ、休みのたびに一緒に買い物に行き、ビーチや登山も一緒に行きました。私が、今週の初めに風邪をひいてしまったのですが、その時も凄く心配してくれた優しい友達でした。親しい人の卒業は初めてだったので、寂しい気持ちでいっぱいです。そのうち一人の友だちはまだ学生で、学校があるので韓国に戻るのですが、もう一人の友達は、そのまま直行でワーキングホリデーでオーストラリアに行くそうです。最後に外食することにしたので、授業の後にご飯に行ってきました。今までのことや、これからのことを色々話せて楽しい時間を過ごせました。2人ともここの生活が楽しく卒業するのが寂しいと言っていました。ワーキングホリデーに行く子が一年後に戻ってきたら日本か韓国で会おうと約束をしました。2人とも真面目で元気な子なので卒業してからの人生も楽しく過ごせると信じています。 ここに来てから多くの人に出会いましたが、出会いがあるのと同じ数だけ別れもあることを実感しました。けれど、多くの違う国の人に出会うことは日本にいたら考えられないことでしたし、違う国の文化なども学ぶことができます。刺激的な毎日を送れるので日本にいた時より充実した生活が送れています。今週は私の部屋にベトナム人の新しいルームメイトの子が来て、ベトナムの人とはあまり話したことがないので仲良くなりたいと思っています。私の部屋は3人部屋で、韓国人と今回のベトナム人と私の3人です。3人とも違う国籍なので英語でコミュニケーションをとっていきたいです。 私も、1ヶ月後には卒業するので、それまでにもっと多くの人と話してレベルを上げたいです。この2ヶ月が早かったので、残り1ヶ月後はもっと早く感じると思うので後悔しないようにしたいです。風邪をひいてしまって、体調管理が大事だと実感したので、健康にも気をつけ楽しくすごしたいです。現在、風邪が流行っているので友達が風邪をひいた時は助けたいと思います。 また、これから先、他の友達の卒業も見送ることになり、その度に寂しくなると思います。けれど、成長してここを去るので、彼らの未来を応援したいです。それに、今はインターネットが普及しており国が違ってもすぐに連絡をとることができるので、何かある度に連絡をとり、また会えることを信じたいです。 ...

スピーキングに特化したプログラム 生徒の弱点(語彙、文法、発音など)を特定し、それぞれの弱点を改善出来るように、スピーキングテストの動画を全てテキストに書き起こします。全てのスピーキングテストはビデオに記録され、文法・発音・スペリングに関する生徒の誤りは、訂正とフィードバックとともに学生に提供され、各学生は間違った箇所について修正、改善することが出来ます。また、テスト結果は1から9までのレベルで判定されます。 REHAB-発音矯正プログラム REHABプログラムはSpeakingPrescriptionプログラム(SP)に連動した5日間の発音矯正集中プログラムです。このプログラムは、ネイティブ講師から発音に関するあらゆる分野について学びます。 講師は各アルファベットの正しい発音の仕方から、各単語のブレンディングの方法やアクセントの位置、イントネーションなどの発音に関するあらゆるテクニックを教えます。 ...

英語を勉強することの目標はコミュニケーションをとれるようになることです。コミュニケーションには様々な方法があるため、英語学習にも様々な方法があります。それぞれの生徒は、英語を勉強するために異なる個性とニーズを持っています。 BECIでは、学生のニーズを満たす様々なカリキュラムを提供しています。これにより、学生は、自分に合わせてカスタマイズされた英語講義を受けることが出来ます。 ...

先週の休みの日に登山に行って来ました。バギオにも山がいっぱいあるのですが、今回はバギオではなくベンゲットという違う都市の山に行って来ました。前日にみんなでラウンジに集まってご飯を食べながら、みんなで集まって計画を立てました。登山が好きで、ずっと、登山に行きたいと思っていたので、計画の時からわくわくして前日から楽しみでした。朝早く集合し、ジプニーというバスに乗ること1時間半、山に到着しました。道を案内してくれるガイドさんと一緒に早速歩き始めました。思っていたのより坂が急で歩き始めてすぐに友達の疲れたと言う声が聞こえてきましたので、疲れた友達を励まし、途中で休憩を入れながら登って行きました。休憩の途中で食べるご飯やお菓子が美味しく、運動ってやっぱり良いと実感することができました。 案内してくれたガイドさんが17歳の高校生の女の子で、休みの日だけ家の手伝いでガイドをしてるとのことでした。フィリピンの高校生活や勉強などについて興味があり、いろいろ教えてもらいました。フィリピンの高校生もSNSなどで友達と繋がってたり、お化粧したり、携帯で写真を撮るのが好きだと言っていたので、日本と変わらないなと思いました。勉強はやはり、日本より英語の授業が多く、英語の授業の時は英語しか話さないし、小学校から習うと聞いて驚きました。日本とは環境が違うことがわかりました。日本ではスピーキングの授業はないし、文法中心なので中学校から大学卒業まで9年間勉強しても話せるようになる人はいなく、やはり英語で話す環境は大事だと思いました。登りだけで3時間ぐらいかかり、周りのみんなも疲れが見え始めてきましたが、山の頂上から見える景色が綺麗で、頑張って登って良かったと思えました。頂上で休憩した後は下りになりましたが、私的には下りの方が登りより大変でした。足が滑りそうになったり、坂が急で勝手にスピードが出たりするので、みんな何かあるたびに「Be careful 」と叫んでいて、それが少しおもしろかったです。また、下りの方が筋肉を使うので足の負担も大きく、筋肉痛になった人が多く、次の日歩くのが大変そうでした。登り3時間、下り2時間半ぐらいで終了し、終わった後は達成感がありました。5時間半も登山をしたのは初めてでしたので、良い経験になりました。バギオに戻り、中国人の子のお勧めの中華料理店に行き、夜ご飯を食べて帰りました。みんな疲れていたのに、ご飯を食べてるうちに元気になっていて気づいたら夜遅くなっていました。学校が関わりなく個人で遠出をするのが初めてでしたので、最初は少し心配もありましたが、何も問題が起こらず楽しい1日を過ごすことができました。バギオ周辺には沢山喉山があるのでもう一度チャレンジしたいです。 ...